獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 全開放!

10月22日(木)夕方頃より、本数制限無しで販売開始致します。

10月18日(日)、山口県の「旭酒造」に「獺祭」の無濾過生原酒、「槽場汲み」を引き取りに行って来ました。
槽場汲みは毎年3月と10月に販売されるお酒で、一部の特約店のみにしか案内されません。

そして、説明会の後、新しい工場を見学して来ました。

山奥で一際目立っている地上12階建ての巨大なビルが獺祭の新工場!
上の階から順に洗米、蒸し、仕込みタンク、麹室…と続いている最新設備の工場!
あまりのスゴさにただただ驚くばかりでした。

しかし、驚いたのは蔵の設備だけではありません。

毎回、桜井社長から商品の出荷状況や今後の展望等のお話があるのですが、
今回皆様にとても喜んで頂けるであろう情報を入手致しました。

それは「磨き二割三分の大開放宣言」です!

新しい工場が稼働し、磨き二割三分の量産が開始。

商品が次々に出来上がりました。

そこでまずは「毎回、槽場汲みに足を運ぶ酒販店から優先し、磨き二割三分を特別に出荷」
して頂くことになりました。

このニュースを受けて早速、磨き二割三分から本数制限を撤廃し、販売開始致します。

長い間、お客様にはご不便をお掛け致しました。

これを機会に多くのお客様にご購入頂ければと思っております。

どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー: 蔵元ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です