注文した商品の発送日が「お届け指定日」に対し、かなり早く出荷が行われる件についてのご説明

年末にかけてお客様から「お届け指定日に対して、出荷が早いのでは?」というご意見が届きます。

その理由についてご説明します。

1.年末、差し迫った日は特に出荷量が集中するために、配送業者が荷物の受付制限を設けています。その制限に迫る注文を既にいただいており、後から頂いたご注文は受付制限数に余裕のある日に出荷しております。

2.年末は出荷量が多く、宅配業者の処理能力を超え配送に遅れが生じるため、余裕をもった日で発送する必要があります。

3.年末は出荷量が多く、宅配業者は臨時の雇用で対応するため、慣れていない人が作業に加わるため、破損の発生が多い。
破損のリスクを考慮し、万一の際出荷でも年内お届けの対応が取れるよう早め出荷をしております。

一番大きな理由は「1」です。
1日の荷物の受付制限数に迫る受注をすでに頂いております。先に頂いたご注文から最適出荷日が割り当てられますので、後からのご注文は出荷可能な日に出荷するしかお届けする術がありません。

現時点では25日、26日、27日の出荷はすでにご予約分でいっぱいです。

その条件に更に「破損」「遅延」のリスクが加わるため、それを考慮して通常よりもかなり早い日に出荷することになります。

上記のような背景から「必要がなければお届け指定日を指定しない」というのが、賢明な選択であり宅配業者も、出荷梱包業者の負担が分産されます。
特に必要がなければ、日にち指定、時間指定をされないのをお薦めいたします。

ネット通販は宅配業者を用いて商品を運送することで成立する販売方法です。
年末・GWは高速道路が渋滞しますがそれは一企業の努力で解決できる問題ではありません。
年末の需要が多い時期では様々な産業で人手が足りなくなりますが、それも同様に一企業の努力では解決できません。

年末の宅配便を利用につきましては、このような事情を何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

どうしてもご納得頂けない場合には、直接店舗での購入・運搬をお願い申し上げます。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク