和可娘(わかむすめ) 新谷酒造

和可娘(わかむすめ) 新谷酒造

所在地:山口県山口市徳地堀1673-1

銘柄:和可娘(わかむすめ)
創業:昭和2年 3代
杜氏:蔵元杜氏 大津杜氏
仕込み水:中硬水
訪問日:2010/10/19

平成19年に高齢のため杜氏が引退。その際、蔵元は酒造りを止める事を考えました。
しかし、地域のある最後の酒蔵が姿を消すのは残念な事。
そこで蔵元は自分一人でも酒造りを行なう事を決意します。
wakamusume_shintani1.jpg

蔵元がとった方法が「四季醸造」。
一般的に日本酒蔵はでは寒造りと言われ冬期に1年分のお酒をまとめて生産します。
これはいわばパワープレイ。多くの人を必要としますし設備も必要。
1年分の材料を一度に仕入れなくては行けません。資金の調達も必要です。
しかし1年かけて酒を造れば、パワープレーは必要有りません。
自分のペースでタンク1本ずつ仕込む事が出来ます。
1年中、新酒を出荷する事も可能です。
造った酒を販売して、キャッシュを得てから次の米を仕入れる、といった事も行なえます。
下の写真のプレハブ冷蔵庫に見えるものが、四季醸造を行なう仕込み部屋です。
和可娘 新谷酒造3.jpg
中に入るとこんな感じです。

和可娘 新谷酒造4.jpg

ステンレス製のタンク。

写真には写っていませんが、小さな槽(ふね)もこの中に納められています。
このプレハブ冷蔵庫のなかで発酵と、搾りが行なわれています。

写真の方が酒造りを決意された新谷義直さん。

和可娘 新谷酒造5.jpg
見て下さい。小さなタンク。
酒母タンクではありません。仕込みタンクです。
360キロという小仕込み。
これだけ小仕込みだと、面白い酒を次々に仕込めそうですね。

こちらは釜と天井です。

四季醸造のプレハブの隣にあります。
和可娘 新谷酒造2.jpg

四季醸造は大手が生産制を高める為に1年中酒造りが行なえる為の開発した設備、というイメージがあります。高品質酒を造る為の設備というよりも、生産量を増やすため、生産コストを下げる為の設備という印象が強いのは確かです。

その四季醸造を高品質酒の生産手段として導入する蔵が山口県にて続々と登場しています。
蔵の後継者や若手が酒造りの腕を上げる為1仕込みのペースを広げて、修正を加えつつ1本ずつ仕上げて行く事で酒質を高めます。高品質少量生産を四季醸造で行なう事は小さな蔵にとってメリットがあったのです。
私が訪問した時に新谷酒造さんはNHKのテレビ取材を受けている最中でいた。NHKは四季醸造によって生き残りをかける事を小さな蔵というテーマで取材されていました。

蔵元と一緒に記念撮影です。

和可娘 新谷酒造6.jpg
最後に、新谷酒造さんのホームページにて新谷義直のプロフィールにて下記の言葉が書かれていました。
チャレンジ、不屈の精神で自分にしかできない日本酒造りを追及します!!
是非、頑張ってただきたいと思います。
こういう蔵を皆で応援したいですね。
新谷酒造のスタッフ紹介
このサイトでは、和可娘(わかむすめ)の販売は行なっていません。
商品の購入・お問い合せは下記電話番号へお問い合せ下さい。
TEL:0835-52-0016 和可娘(わかむすめ)醸造元 新谷酒造
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。
カテゴリー: 山口県の酒蔵巡り タグ: , , , , , パーマリンク

和可娘(わかむすめ) 新谷酒造 への1件のフィードバック

  1. 梵の団 のコメント:

    そうでしたか! つい先日、NHKの番組で見てたんですよね。ただ途中から見ていましたので、どこの酒蔵かな?っと思っていたら終わってしまって・・・美味しそうな酒の感じがしてましたね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です