和和和 深山桜|古屋酒造店

和和和 深山桜 古屋酒造店

所在地:長野県佐久市塚原411


銘柄:和和和 深山桜みやまざくら
創業:1891年(明治24年)
杜氏:社員杜氏 佐久杜氏
仕込み水:八ヶ岳伏流水(中軟水)
訪問日:2010/09/28

佐久平の駅から徒歩10分。
駅からタクシーに乗ったらあっという間に現れる酒蔵が深山桜という日本酒を醸す古屋酒造店

miyamazakura_furuya1.jpg

蔵の外観は新しく見えますが、外の壁を貼り直されたそうです。

深山桜 古屋酒造店2.jpg

写真の方は、古屋酒造の5代目となる萩原深(ふかし)さん。
今回、彼に蔵をご案内していただきました。

古屋酒造店には、代々続く「深山桜」という地元を中心に流通している銘柄と、深さんが手がけた「和和和わわわ)」というブランドがあります。

こちらが蔵の心臓部といえる麹室の入り口。

深山桜 古屋酒造店3.jpg

深山桜は地元の広い層の方に「良い酒」と言ってもらう事を目標に造っている地酒。
10人中9人が良いと思う酒を目指しています。

それに対し、和和和はホッとできる日本酒。
「和の心で和らぎ和んで欲しい」という願いの3つの和を取って、和和和と名付けたそうです。

深山桜とは対照的に10人飲んだら3人の大好きをつくりたい酒との事です。

深山桜 古屋酒造店4.jpg

創業は明治26年です。
創業当時から続く建物の中で酒造りが行なわれています。

深山桜 古屋酒造店5.jpg

たまたま77というタンクを発見。
数字が良かったので撮影しました。

深山桜 古屋酒造店6.jpg

これから酒造りが開始する9月の末に訪問させていただきました、ご覧の通り綺麗に片付けられている蔵でした。

この日の訪問では車を運転しないため、試飲をさせていただきました。

深山桜 古屋酒造店7.jpg

深山桜は香りが爽やか。軽くもなく、重くもなく、舌を滑り流れるように喉に消えて行く酒。
確かに、ストライクゾーンが広く良いお酒です。

和和和は香りが穏やかで、食中酒として持ち味を発揮するのでは、と思わせる酒。確かに、普段の料理にあわせて気を張らずに飲む、日常純米酒という感じの酒でした。

写真の表情の通り、和らいだ気持ちになる美味しいお酒でした。

このサイトでは、和和和,深山桜の販売は行なっていません。
商品の購入・お問い合せは下記電話番号へお問い合せ下さい。
TEL:0267-67-2153 和和和,深山桜醸造元 古屋酒造店
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

カテゴリー: 長野県の酒蔵巡り タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です